ビル管理におけるソリューションは省エネにあり|エネルギー削減研究

ビル

早急な地球環境への対策

女性

ITの技術を使えば地球環境はさらに向上します。地球温暖化は徐々に深刻になってきているため、企業が率先した省エネルギーの取り組みをすることが求められています。ビルのシステムを更に良くするために検討しましょう。

この記事を読む

環境にも支出削減にも良い

効率のよいビル管理を東京で行ないたいのであれば、こちらに依頼しましょう。ビルを複数持っているオーナーさんにはおすすめです。

ビル

電気は目にみえないものです。しかし、発電所では地熱から風力、火力や原子力発電まで色んな方法で発電をしています。今では太陽光発電で家庭でも発電ができるようになってきているのです。家庭での発電については国が買取をしてくれる制度もあるので、一時期はその駆け込み申請で太陽光パネル設置が遅れたこともあったのです。
家庭での節電は地球上に良い影響を与えます。地球上の全ての人、特に先進各国の国民の節電は一つ一つは小さな量でも、総量としては大きな量となります。家庭での節電でも大きな量になるのですから、企業が努力すればそれはかなり大きな量になります。実際、二酸化炭素排出量の削減を提言した京都議定書においては企業が行なうべき二酸化炭素排出量の削減を求めています。

大勢の人が働くビルでは、電気の管理があまりできない傾向にあります。電気の管理をするときには無駄な電気を出さないように気をつける必要がありますが、広い建物の中を全て管理するのは難しいといわざるを得ません。それをIT技術を使って効率よく出来るようなシステムが考えだされているので、企業は注目しています。
省エネルギーが成功すれば、地球環境にも貢献できますし、自社の利益にもなります。会社ではいろんな経費がかかってきます。工場ならオフィスよりも多くのエネルギーが必要とされてきます。この無駄に気づき、少しずつ省いていくことができれば、会社にかかる無駄な支出を無くし、営業利益を上げていくことができるのです。

見える状態にする

女性

省エネのためにはまずどこに無駄なエネルギーが使われているのかを知ることが大事です。ビル内の電気量を計測し、エネルギーを節約するのに利用するのはエネルギーの「見える化」のためのシステムです。

この記事を読む

導入をしっかり検討する

ビル

省エネをすればいままでかかってきた電気代が中に浮く形になります。ビルに設備を投資するのにはお金がかかりますが、節約の結果得られる経費で何年かすれば支出も回収できます。それまでのスキームを業者が提案してくれます。

この記事を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加